健康食品の利用法

健康食品というとどういった物を思い浮かべるでしょうか?リポビタンDやリゲインのような栄養ドリンクや、酵素ダイエットで有名な酵素ドリンクのような飲み物が流行っていますので、もしかするとそういうものが浮かんでくるかも知れませんが、粉末やカプセル状になった、いわゆるサプリメントを連想される方も多くいるはずです。

 

では、サプリメントは健康食品なのでしょうか?サプリメントは、アメリカで生まれました。 栄養補助を目的とし、食品と薬品の中間に位置するハーブ成分(ビタミン、ミネラル、アミノ酸など)を錠剤やカプセル、液体などに加工したものです。 一方、健康食品は、自然界に存在する健康維持に有効と思われる素材を抽出し、錠剤やカプセル状に加工したものをさします。 日本では、同じ食品に位置づけられていてほとんど差はありません。 サプリメントも健康食品も薬とは違い病気が治るということはありませんが、予防や症状の改善に役立つ可能性があります。

 

逆に、食品なのだから自分が満足できるまで飲んでもいいかというとそうではありません。接種しすぎると体内に消化しきれない分が残り、 それが原因となって体調不良を引き起こす可能性もあるため、適量に取っていくことが望ましいのです。 また、足りない分を補うというイメージで利用される方が多いと思いますが、 多くとりすぎた栄養素を体外に排出するために利用するという方法もあります。 栄養素として足りない成分があるのか、または、多くとりすぎる成分があるのか、ご自身の生活習慣を見直して利用しましょう。

 

[おすすめリンク]
最近非常に便利になっている看護師専門求人サービスを比較しているサイトです・・・看護師 求人